西地区ふるさとの歴史再発見事業
福島市戊辰150年記念事業
劇団120○EN 第25回公演

『絹が鳴る』


脚本:清野和也
演出:齋藤勝之

■日 程
2018年11月4日(
[午前の部]10時30分〜
[午後の部]14時〜
※上演時間 90分予定

■会 場
旧廣瀬座(福島市民家園内)
〒960-2155 福島県福島市上名倉大石前 福島県福島市上名倉字大石前地内 福島市民家園内

■入場料
500円(全席自由)

あらすじ

戊辰戦争下の福島市西地区が舞台。幕末の西地区は様々な藩の飛び地の領地が入り乱れ、それぞれの藩によって戊辰戦争への立ち位置も変わっていました。一方で、信達の農民たちは不安定な情勢の中、藩を越えてまとまっていきました。
この物語では、福島で盛んに行なわれていた養蚕農家の女性を主人公に、戊辰戦争から明治にかけての福島を村人の視点から描いていきます。

 

出演

前林里佳子
鈴木優斗
奈良夏妃
那須大洋
萩原功太
大信田勇太
ピーター髙橋
遠藤航(客演)

スタッフ

脚本 清野和也
演出 齋藤勝之
音響 清野和也
遠藤晃
照明 押切ミチル
斎藤千聖
鈴木賢
衣裳 川島ゆかり
遠藤航
メイク 押切ミチル
遠藤航
小道具 鈴木優斗
ピーター髙橋
舞台美術 増田屋祐介
那須大洋
舞台監督 清野和也
演出助手 大信田勇太
舞台監督助手 奈良夏妃
制作 遠藤晃
紙糊
宣伝美術 鈴木里実
企画・製作 劇団120○EN

 

会場

CieAK1KUUAAx0Ec旧廣瀬座
福島県福島市上名倉大石前23