第9回 『妖怪遺書』

妖怪遺書

劇団120〇EN 第9回公演

妖怪遺書

公演概要

脚本・演出清野和也
日時 2013年6月16日(日)  18:00~
会場福島県護国神社 神楽殿
料金無料

物語

コンコンと、人の遺書に筆を入れる男が毎夜毎晩やってくる。

「ほれ、此の文がどうもいけない。こうこう、こうすれば良い」

成程、こいつは名文と筆を取って書き直し、手を打ち喜び、
最後の酒宴ヨ、祝の杯飲み交わし、

「ヨシ、明日こそ死んでしまおう、今生の別れ」ト床に就くのだが、朝起きるとどうもいけない。

夜中の恋文。夜中の遺書。小っ恥ずかしい文書である。

どうにもこうにもこれでは死ねぬと頭を抱えて飯を喰らい、
ごろごろごろとしていると、コンコンとまた戸を叩く音。

どれ、今日こそはと遺書を書くため筆を取る。

一杯森の長次郎」ト男は名乗る。どうもお偉いお方らしい。
信夫の三狐、神の遣い。

「ようござった、お稲荷様」ト平伏し、油揚げを用意はするが、実の所、この神様の遣いのことをよく知らない。

そもそも何故、神様が遣いが遺書に手を貸してくれるのか、
それもよく解らないのである。


◉出演

一盃森の長次郎浅川宣行
清野和也

会場詳細

福島県護国神社 神楽殿
 〒960-8025 福島県福島市駒山1

取り上げたルーツ


チラシデータのダウンロード

妖怪遺書_チラシ表面
チラシ表面

チラシ裏面