第12回公演 「椅子語り」は無事終演しました

By | 2014年5月1日

劇団120◯EN 第12回公演ならびに
第一回POP演劇祭は無事終了しました。

今回も沢山の皆さんに支えていただき、
お客様と一緒に舞台を作り
お届けすることが出来ました。
ありがとうございます。

次回公演は、8月31日に予定されています。
どうぞよろしくお願いします。

~今回取り上げたルーツ~

-Roots 1
◆文化通り <場所>
福島市にある市道の通称。かつては石屋小路という愛称だった。
石畳の舗装に雰囲気のある街灯が並び、

夕方には歩行者天国が行われる。若者向けの衣料店や飲食店も多く、その名の通り福島演劇鑑賞会の事務所やみちのくボンガーズの劇場など文化活動の拠点も存在している。-Roots 2
◆玉盛館 <場所>
日本の写真の第一人者木津幸吉の養子である信吉が、福島市に開いた写真館。信吉は人物写真で高名を買ったという。

-Roots 3
◆福島事件 <出来事>
自由民権運動の激化が招いた事件。喜多方市から山形、新潟、栃木へ伸びる三方道路の建設に反対した農民が喜多方署に押しかけ窓ガラスを割った。この事件に関係のないものまで捕まった。

-Roots 4
◆三島通庸 <人物>
福島県県令。薩摩藩出身。土木工事を中心に県民の声を無視した政策をすすめ、鬼県令と呼ばれ恐れられた人物。一方で、現国道13号の元となる万世大路を築くなど、福島県の発展に尽力した。