劇団120○EN 第14回公演「兎と亀」 無事終演いたしました

劇団120○EN 第14回公演「兎と亀」は、終演しました。皆さまとともに全3回公演を創ることが出来ました。沢山のご来場、応援の声をいただきありがとうございます。

次回公演は2月15日に予定しています。

劇団120○EN 第14回公演
「兎と亀」

jsaki5okame作・演出:清野 和也
総合美術:川島 ゆかり
音  楽:金田一 純

■日 時
2015年1月10日(土) 18:00~
2015年1月11日(日) 14:00~ / 18:00~
■場 所
福島市市民活動サポートセンター 多目的ホール(チェンバおおまち3階)
■入 場:無料

▶公演ギャラリーはこちら

あらすじ

あの兎と亀のかけっこがふくしまの羽根山(はねやま)で行なわれた後のお話です。

まさかの勝利を手にした亀、「亜亀良(あきら)」は、亀の里で「スター」と呼ばれて有頂天。一方、敗れた兎「北兎(ほくと)」は、兎の里を追い出されて、亀の里の隅っこでひっそりこっそり暮らしていました。

でも、亀の里の亀達は、兎の事が大っ嫌い。

「亀の里は亀のものだ!兎は出て行け!」

困った兎に、亜亀良がニコニコ声をかけます。

「亀の里に住むならば、亀にならなきゃいけないな。」

亀化した兎、『亀化兎(きかんと)』と亀の物語。

キャスト&スタッフ

■出演
安達駿希 / 那須大洋 / 奈良夏妃
鈴木優斗 / 清野和也 / 増田屋祐介
齋藤勝之 / 川島ゆかり / 黒磯しろう
歌:金田一純

演   出:清野 和也
総合美術:川島 ゆかり
音   楽:金田一純/ 清野和也 / 齋藤 勝之
舞台監督:増田屋祐介
助 演 出:鈴木 優斗
助舞台監督:奈良 夏妃

衣装・メイク:安達 駿希 / 黒磯 しろう
小道具:鈴木 優斗 / 那須 大洋 / 増田屋祐介
舞 台 美 術 :増田屋祐介 / 齋藤 勝之 / 金田一 純 / 奈良 夏妃
制作:齋藤 勝之 / 清野 和也 / 増田屋祐介
広報:増田 祐介 / 安達 駿希 / 金田一 純
照明:清野和也 / 齋藤 勝之

公演チラシ・パンフレット

▼兎と亀 当日配布パンフレット
usagikame_ura
▼兎と亀 公演告知チラシ

取り上げたルーツ

①兎と亀<伝承>
②羽根山<自然>
③吹く島<伝承>

 

 

タイトルとURLをコピーしました