信夫重郎左衛門 – 福島市に関連する人物・偉人

By | 2019年11月11日
ジャンル:人物・偉人
時代:平安
地域:下村
題材公演:殿がいない!

概要

平安時代に奥州信夫郡を治めた奥州藤原氏の家臣・佐藤荘司元治の一族。下村に亀ヶ城を築き、この地を治めた。
飯坂・医王寺の宝物殿には、信夫十八将の一人「信夫十郎」の薙刀がある。「吾妻鏡」には奥州合戦の際、佐藤基治と共に戦った十八の首が鎌倉軍によってさらされたとあり、この十八将のことと思われる。「重郎」「十郎」と表記こそ違うが時代は等しい。18人の1人であろうか?

劇団120○EN作品では?

第28回『殿がいない!』に関連。奥玉神社に居つく信夫九十郎は、この信夫重郎左衛門の末裔を自称している。

コメントを残す