第2期劇団員募集

By | 2019年5月6日

10年、そしてその先に向けて

第2期 劇団員募集

劇団120○ENでは、新団員を募集します。

誰でも歓迎とは言いません。
今、中心に活動している僕らの次の代を担う
団員を募集するため年齢制限も設けています。

かといって、演劇の経験の有無はまったく問いません

一番、大切なのは、僕らと一緒に、

この街で、この街だからこそ、
創れる作品を創ってみたいと思えることです。

それが、どんな作品なのか?

僕らにもまだわかりません。
まだまだ道の途中、坂道を登っています。
誰も通ったことのない道なのかもしれません。

だからこそ、一緒に考え、一緒に歩んでくれる方を募集します。

もしかすると「演劇」は東京など都会に行ったほうが、
「優れた」ものは、たくさんあるのかもしれません。

それでも僕らは、

この街でしか創られない、
見ることのできない芝居が絶対にあると信じ、
創り上げることを目指していきます。

この街にしかない風景が、歴史が、人があるのですから。

もしもあなたが、僕らに興味を持ってくれたなら
ご連絡をください。お待ちしております。

◯対象

  1.  劇団の想い、方針に賛同できる方
  2.   10代後半~20代前半 の心身がそれなりに健康な男女
    ※それ以外の年代の方もお問い合わせください
    ※高校生以下は保護者の同意が必要です
  3.  演劇の経験は問いません。
  4.  他劇団に所属していないこと

◆劇団員は月に団費が必要です。(月 1,000円)
◆年間2~3本の本公演があります。

◯入団までの流れ

稽古見学→面談(劇団概要の説明)→稽古への参加~面談~入団

◯募集人数

  • キャスト:若干名
  • スタッフ専属:3名
    • 音響
    • 照明
    • 舞台美術 など
  • 制作:1名(車、PCあり歓迎)

◯応募方法

下記メールアドレスもしくは、劇団HPのお問合せよりご連絡下さい。

info@120en.com

【どんな劇団?】

東日本大震災直後の2011年4月に、福島大演研を中心に旗揚げ。「福島に住む人々のルーツを辿る演劇集団」として、福島の民話、人物などをモチーフにオリジナル作品を上演。
2016年から福島市「西地区ふるさとの歴史再発見事業」として、国指定重要文化財の旧廣瀬座にて毎年公演を重ねる。
2018年3月、福島市の公共ホール・福島市公会堂の最後の催し物として『主演:福島市公会堂 会場:福島市公会堂-2018.03.31-』、11月に福島市戊辰150周年記念行事として『絹が鳴る-西信戊辰明治譚-』上演。また、同年、劇作家協会東北支部コンクール実行委員会主催の「東北劇の陣」において、東北王ほか5賞受賞。2019年、神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバルに全国選抜団体として出場。

▼劇団の想いに関しては下記urlをご覧ください▼
https://120en.com/about120en/

コメントを残す