第11回 『しろ』

しろ


平安から、今に至るまで
この街には歌があり
祈りを重ねる人が生きている。


劇団120○EN×RainbowPumpkin
劇団120○EN 第11回公演

『しろ』

脚本・演出清野和也
作曲根本卓実
日時2013年12月22日(日)
14:00~
18:00~
会場夢奏蔵
料金無料

物語

平安の頃、信夫の里と都を繋いだ悲しい恋の歌。

「陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰ゆゑに
 乱れそめにし 我ならなくに」

歌は鎌倉の時代、一人の女性をこの地に招く。
父の仇を討ち、処刑された曽我兄弟の悲しき物語を語り継いできた旅の者。女が信夫に植えた姥ヶ梅(うばがうめ)は、一年中、雪のように白い花をつけた。

岡本村高松城(福島市)城主、佐藤四郎左エ門顕秀(あきひで)は、霊山城に入場した南朝 北畠顕家の命によりその梅の木を伐り倒す。
その日から顕秀は、不気味な声と音を出す音霊(おとだま)に取り憑かれる。
音霊は、曽我兄弟と、梅を植えた女の変わり果てた姿だった。

ある日、偶然にも、彼らの恨みの声が重なり美しく”ハモって”しまう。
ここに、世にも奇妙な”アカペラ幽霊”と信夫の殿様の物語が始まるのである。

◉キャスト

佐藤顕秀 清野和也
おまつ古内友紀子
虎女杏華
(Rainbow Pumpkin)
北畠顕家川島ゆかり
(福島大学演劇研究会)
高師直鈴木優斗
(福島大学演劇研究会)
音霊1金田一純
(Rainbow Pumpkin)
音霊2矢吹美果
(Rainbow Pumpkin)
音霊3佐藤穂乃香
(Rainbow Pumpkin)
音霊4見城沙希
(Rainbow Pumpkin)
音霊5竹田 瑛梨
(Rainbow Pumpkin)
悪鬼/
兼好法師
増田屋祐介
足利尊氏田頭正寛

◉スタッフ

演出清野和也
助演出川島ゆかり
音楽根本 卓実
金田一純
作詞
高橋 和輝
清野 和也
舞台監督増田屋祐介
助舞台監督 鈴木優斗
衣装メイク川島ゆかり
鈴木優斗
舞台美術鈴木賢
小道具古内友紀子
制作増田屋祐介
映像鈴木優斗
殺陣指導大信田勇太
紙芝居鳥居巧
ポスター案鈴木里実

取り上げたルーツ

福島のルーツ - 姥ヶ梅

ダウンロード

◉チラシデータ

チラシ表面
チラシ裏面

◉当日配布パンフレット

タイトルとURLをコピーしました