第11回 『しろ』

劇団120○EN×RainbowPumpkin
劇団120○EN 第11回公演

『しろ』


作・演出:清野 和也
作曲:根本 卓実

omote_02日時
2013年12月22日(日)   14:00~ / 18:00~

■会場
夢奏蔵

■入場料
無料

物語

-平安から、今に至るまで、この街には歌があり、祈りを重ねる人が生きている。

平安の頃、信夫の里と都を繋いだ悲しい恋の歌。

「陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰ゆゑに
乱れそめにし 我ならなくに」

歌は鎌倉の時代、一人の女性をこの地に招く。
父の仇を討ち、処刑された曽我兄弟の悲しき物語を語り継いできた旅の者。女が信夫に植えた姥ヶ梅(うばがうめ)は、一年中、雪のように白い花をつけた。

岡本村高松城(福島市)城主、佐藤四郎左エ門顕秀(あきひで)は、霊山城に入場した南朝 北畠顕家の命によりその梅の木を伐り倒す。
その日から顕秀は、不気味な声と音を出す音霊(おとだま)に取り憑かれる。
音霊は、曽我兄弟と、梅を植えた女の変わり果てた姿。

ある日、偶然にも、彼らの恨みの声が重なり美しく”ハモって”しまう。
ここに、世にも奇妙な”アカペラ幽霊”と信夫の殿様の物語が始まるのである。

キャスト&スタッフ

<Cast> 括弧内は平成26年当時所属団体

佐藤顕秀:清野 和也
おまつ:古内 友紀子
虎女:杏華(Rainbow Pumpkin)
北畠顕家:川島 ゆかり(福島大学演劇研究会)
高 師 直:鈴木 優斗(福島大学演劇研究会)
むらさき:影山 美崎
音 霊 一:金田一 純(Rainbow Pumpkin)
音 霊 二:矢吹 美果(Rainbow Pumpkin)
音 霊 三:佐藤 穂乃香(Rainbow Pumpkin)
音 霊 四:見城 沙希(Rainbow Pumpkin)
音 霊 五:竹田 瑛梨(Rainbow Pumpkin)
悪  鬼:増田屋祐介
兼好法師:増田屋祐介
足利尊氏:田頭 正寛(福島大学演劇研究会)

<Staff>

演  出: 清野 和也
助演出:川島 ゆかり
音  楽: 根本 卓実 / 金田一純
作 詞: 高橋 和輝  / 清野 和也
舞台監督:増田屋祐介
助舞台監督: 鈴木 優斗
衣装メイク: 川島 ゆかり / 鈴木 優斗
舞台美術:鈴木 賢
小道具:古内 友紀子 / 影山 美崎
制作:増田屋祐介 / 影山 美崎
映像:鈴木 優斗
殺陣指導:大信田 勇太
紙芝居: 鳥居 巧
ポスター案:鈴木 里実

 

 

公演チラシ・パンフレット

公演チラシ

omote_02 ura_01

当日配布パンフレット

しろ_パンフレット表面 しろ_パンフレット裏面

 

取り上げたルーツ

福島のルーツ - 姥ヶ梅

福島のルーツ – 姥ヶ梅

2 thoughts on “第11回 『しろ』

  1. 山田 久夫

    福島の歴史は誤解されていると思う。歴史史料を分析すると陸奥国府は大仏城界隈と考えられる。観応の擾乱で畠山国氏が岩切城を攻められて国府に落籠った。その城が大仏の南壁を責上り切り込んだ城の内に畠山の御陣が在ったと書かれています。また、応永二十年に伊達松犬丸・懸田入道定勝が楯籠もった城も大仏城です。
    岩切城は宮城県の岩切と思いきや、あれは高森城と呼ばれているそうです。勿論多賀城は陸奥国府ではありません。史料を分析すると多賀城を陸奥国府する根本史料は一切ありません。
    通常は国府に地名を付けません。付けても陸奥です。地名が付くのは城柵だけです。南北朝動乱時代の史料を読んでも霊山・藤田・河俣・小手保等の軍勢が攻略しようとしていたのは信夫郡です。吾妻鑑に多賀国府なる語句がみられますが多賀遺跡から中世遺構は発掘されていません。玉石混淆と言われる吾妻鏡の多賀国府を信じてはいけません。冷静に史料の原文を分析して新しい福島の歴史解明がなされる必要があります。
    (府島が改められて福島と木村吉清がなずけたのではないかと思います。カッコ内は勝手な想像ですが)
    若い皆様方は過去の研究(江戸時代からの通説)に左右されることなく根本史料に基づいて研究してください。東北の通説の歴史は根本的な誤りに気づかれること思います。
    通説の信奉者(歴史資料館の職員)さえもが続日本紀を読んだことがないと言われただただ驚くばかりでした。以外と大学の先生でも読まれて居られないのではないかと思います。読んでおられるなら通説の誤りに気付くはずです。
    歴史認識をあらため楽しいお芝居を作ってください。

    Reply
    1. 劇団120○EN Post author

      山田 様

      貴重なお話を聞かせて下さりありがとうございます!
      陸奥国府が、大仏城界隈とすると、福島の歴史に更に奥深さが出てきそうです。
      確かに伊達氏の歩みなどを見てみますと、大仏城をはじめ信夫郡の重要性が見えてくるように思えます。
      また、府島から「福島」という説もすごく面白く聞かせて頂きました。

      私などはまだまだ歴史に関する知識も浅く、
      とても歴史研究家とは呼べず
      地元のお話に伊達稙宗や木村良清の名が
      出てくるだけでワクワクとしてしまう未熟者です。

      諸先輩方のお話を聞かせていただき
      またそれを無い頭で考えながら、
      それを若い人たちに伝えていければと思っております。

      自分たちが住んでいる地域の歴史、
      自分たちが生まれ育った地域がどうやってうまれてきたのか…
      そんなことを知ることで、生き方の根っこが生えてくるのではと
      そんなことを思いながらお話作りをさせて頂きます。

      またぜひ、いろいろなお話をお聞かせ下さい!

      どうぞよろしくお願いします。

      劇団120○EN
      代表 清野 和也
      k.aoihito@gmail.com

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。