第一回POP演劇祭 出場作品
劇団120○EN 第12回公演

『椅子語り』


作・演出:清野 和也
音  楽:金田一 純

椅子語りポスター■日 時
2014年4月20日(日) 13:00~

■会 場
こむこむ わいわいホール

■入場料
1,000円
※POP演劇祭入場料金  3劇団通し

あらすじ

福島市の文化通りから、黒猫の後をこっそりついていって、
細い路地をひょいと曲がると、
ひっそりと立っている「吹きしま椅子店」。

小さな店の中には、ところ狭しと、
様々な種類の椅子が並べられています。

それらの椅子は、変わった店主の宝物。

決して売ってくれやしません。

この店では、その椅子たちにまつわる
「物語」を売ってくれるのです。

~今回のお話は、そんな「椅子語り」の中から
3つの物語をお届けします~

-Ep.1 ~写真館の椅子~
笑わない男がお見合い写真の撮影にやってきた。こだわりのある写真屋は、彼のすべてが気に食わない。果たして無事、良い写真は撮れるのか…。昭和初期、福島市のとある写真館の椅子の記憶。

-Ep.2 ~県令室の椅子~
第五代福島県県令、三島通庸(みしまみちつね)。彼の県令室に、クリスチャンで浮世絵商の原胤昭(たねあき)が招かれる。三島県令の政策に反抗した県民が 起こした福島事件。原は、この事件の主犯格を、錦絵にして配布していた。鬼県令と呼ばれた三島と、彼を絵で批判した原の2人きりの会話を聞いていた、県令 室の椅子の話。

-Ep.3 ~あの子の椅子~
いつも窓際の席に座り、「春風の歌」を口ずさんでいた女の子。彼女の夢だったあの街に出ると決めた男と、彼女の側にいたくてこの街に残ることを決めた男。
彼らは、彼女の命日に、この街”福島”で再開する。

「あいつ、ほんとは殺されたんだと思う…。」

あの日も、あの子が座っていた椅子が語る、物語。

-わたしは ひとり 椅子語り
想い出 積みゆくこともせず
しーっと 唇 手を当てて
静かな 時を 過ごしてる

キャスト&スタッフ

■Cast

安達駿希 / 清野和也

■Staff

脚本・演出:清野 和也
舞台監督:増田屋祐介
総合音楽:金田一 純一 / 歌:杏華
照明:川島ゆかり
舞台美術:鳥居 巧
衣装・メイク:安達 駿希 / 川島 ゆかり
制作:鳥居 巧 / 増田屋祐介
演技指導:鈴木 優斗 / 浅川 宣行

 

公演チラシ

椅子語り 公演チラシ裏面

椅子語り 公演チラシ裏面

 

取り上げたルーツ

福島のルーツ - 文化通り

福島のルーツ – 文化通り