第14回 『兎と亀』

兎と亀

あの兎と亀のかけっこの
舞台は福島の羽根山だった!?

劇団120○EN 第14回公演

兎と亀

公演概要

脚本・演出清野和也
音楽金田一純
総合美術川島ゆかり
日程2015年
1月10日(土)
18時〜
1月11日(日)
14時〜、18時~
会場福島市市民活動サポートセンター 多目的ホール
料金 無料

物語

あの兎と亀のかけっこがふくしまの羽根山(はねやま)で行なわれた後のお話です。
まさかの勝利を手にした亀、「亜亀良(あきら)」は、亀の里で「スター」と呼ばれて有頂天。
一方、敗れた兎「北兎(ほくと)」は、兎の里を追い出されて、亀の里の隅っこでひっそりこっそり暮らしていました。

でも、亀の里の亀達は、兎の事が大っ嫌い。

「亀の里は亀のものだ!兎は出て行け!」

困った兎に、亜亀良がニコニコ声をかけます。

「亀の里に住むならば、亀にならなきゃいけないな。」

―これは、亀化した兎、『亀化兎(きかんと)』と亀の物語。


◉取り上げたルーツ

福島のルーツ - 兎と亀

福島県福島市大笹生の羽根山に残る伝承。

太古の昔、現在の福島市は湖だったという伝説があり、羽根山は湖に浮かぶ島だった。その島には、大きな亀が住んでおり、「亀が森」とも呼ばれていた。

おとぎ話として有名な兎と亀のかけくらべも、この山が舞台であったのではないかと伝えられている。


◉出演

北兎安達駿希
亜亀良那須大洋
白百亀奈良夏妃
伝ん亀ん大王鈴木優斗
亀大臣清野和也
やし亀増田屋祐介
日本武齋藤勝之
真亀川島ゆかり
亜亀押切ミチル

◉スタッフ

脚本・演出清野和也
総合美術川島ゆかり
音楽金田一純
清野和也
齋藤勝之
舞台監督増田屋祐介
助演出鈴木優斗
助舞台監督奈良夏妃
衣装・メイク安達駿希
押切ミチル
小道具鈴木優斗
那須大洋
増田屋祐介
舞台美術増田屋祐介
齋藤勝之
金田一純
奈良夏妃
制作齋藤勝之
清野和也
増田屋祐介
宣伝美術鈴木里実
広報増田屋祐介
安達駿希
金田一純
照明清野和也
齋藤勝之

ダウンロード

◉チラシデータ

◉当日配布パンフレット

兎と亀 - 当日配布パンフレット