第29回 20/1440min.-2020- 11月公演 あぶくま川

劇団120○EN 第29回公演
20 / 1440 min. -2020- 11月公演

あぶくま川

福島市出身の作曲家・古関裕而さんの曲から着想した短編劇を奇数月に月1本ずつ上演します。作品は3種類。1月以降はキャストを変えて上演します。

お仕事終わりに、学校終わりに
ワンコインで 20分の短編演劇を

公演概要

原作宮沢賢治「やまなし」より
脚本清野和也
演出鈴木優斗
日程2020年11月18日(水) 19:00~
会場こむこむ わいわいホール
〒960-8044
福島県福島市早稲町1−1
料金一般 500円/高校生以下 120円
※限定148席(会館客席数292席)


物語

大正5年(1916年)の夜、盛岡高等農林校1年の
宮沢賢治は、福島駅に下車する。
学友たちと離れひとりぼっちで、
阿武隈川を見るため隈畔に赴く。

蒸気機関車の光が落ちる「水銀のあぶくま河」と
賢治との20分間。

本作のルーツ:宮沢賢治とあぶくま川


◉出演

兄の蟹/姉の人間押切ミチル
弟の蟹/妹の人間奈良夏妃

◉スタッフ

脚本清野和也
演出鈴木優斗
照明齊藤千聖
音響清野和也
メイク霜山亜美
小道具川島ゆかり
撮影霜山亜美
制作清野和也、齋藤勝之、加藤友紀、武藤進

新型コロナウィルス感染拡大防止対策

本公演は、新型コロナウィルス感染拡大防止策として、ソーシャルディスタンスを確保できるような席配置に加え、ご来場の際に皆様に、以下の対応をお願いしました。

◎ご来場の際にはマスク着用でいらしてください
◎来場前に検温を行い、発熱がないかをご確認して下さい
 発熱や咳など体調に不安のあるお客様は、入場をお控え下さい
◎入場時の手指消毒を行ってください
◎開演前は、極力会話を避けるようご協力をお願いいたします
◎ロビー・客席内での飲食は御控え下さい
◎パンフレット等の手渡しはいたしません
◎チケットはご自身で切り所定のボックスにお入れください
◎差し入れ等は遠慮させていただきます

★お客さまがチケットをご購入、ご予約をいただいた際にお知らせいただいた・氏名 ・住所 ・電話番号 を、万が一新型コロナウイルス感染者が発生した場合の感染経路追跡のために利用し、必要に応じて保健所等の公的機関への提供を行うことをご了承ください。

また、舞台・運営では以下のような対応を考えております
◎消毒液、体温計などを準備します
◎全ての出演者・スタッフの検温等、体調チェックは万全を期します
◎スタッフは全員、マスクを着用いたします。
◎ホール内は換気システムが作動していますが、上演中も含め扉を解放し換気に努めます
◎最前列を空席にいたします。


会場

こむこむ わいわいホール

※駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。
※福島駅東口すぐ側の劇場です。

【アクセス】
JR福島駅東口から徒歩3分
福島西ICから15分


20/1440min. 今後のスケジュール


主催:(公財)福島市振興公社 こむこむ館/劇団120〇EN

お問合せ

お問合せページからご連絡下さい

タイトルとURLをコピーしました