第31回/親子で楽しむ民話劇『あんじゅとずしおう』

親子で楽しむ民話劇
劇団120○EN 第31回公演

あんじゅとずしおう

-説経節 さんせう太夫より-

こどもたちと、あなたに贈る福島の民話劇

公演概要

脚本・演出清野和也
日程2021年
5月8日(土) 13:30開場 14:00開演
5月9日(日) 10:30開場 11:00開演
会場福島テルサ FTホール
対象小学生~大人
料金 無料
※各回定員170名
※大人の方のみでも観劇できます

物語

平安時代の終わりごろ。
陸奥国むつのくに太守たいしゅ平正氏たいらのまさうじが、
無実むじつのつみでふるさとから
とおくはなれたまちへといやられてしまいます。

のこされたむすめ安寿あんじゅと、おとうと厨子王ずしおうは、
母といっしょに、たいせつな父に
もういちどうために、たびにでます。

しかし、旅のとちゅうで
わるいひとたちにだまされて、
母ともはなればなれになってしまい・・・。
それでも安寿と厨子王は手をとりあって、
ふたたび父と母に会うために
運命うんめいに立ちむかいます。

この街がもっと面白くなる、劇団120〇ENの民話劇第2弾は、日本全国で民話として語り継がれる2人の姉弟、安寿と厨子王のお話。福島市は彼らの母の故郷で、弁天山には彼らの父といわれる磐城判官の「椿館つばきだて」があったとも言われています。


出演
厨子王鈴木優斗
安寿奈良夏妃
環/小萩/瞽女霜山亜美
山椒大夫/大村次郎信澄
/宮崎の三郎
佐川翔
山岡太夫/山人/藤原公季本田真也
スタッフ
演出清野和也
総合美術奈良夏妃
音響清野和也
照明斎藤千聖
メイク霜山亜美
小道具鈴木優斗
衣装製作川島ゆかり
大道具メージ
題字加藤友紀

新型コロナウィルス感染拡大防止対策

本公演は、新型コロナウィルス感染拡大防止策として、
ソーシャルディスタンスを確保できるような席配置に加え、
ご来場の際に皆様に、以下の対応にご協力をお願いいたします。

◎ご来場の際にはマスク着用でいらしてください
◎会場にサーモグラフィーを設置しています。検温を行い、発